布団のクリーニングにかかる日数は

布団を預けている間

大切な布団をずっと使える | 布団を預けている間 | 使い続けることの大切さ

しかし、衣類のクリーニングとは違って、予定では、とても長い日数が必要になるとのことだったため、少しの躊躇はあります。
その間、どうやって過ごしたらいいのかなど、色々考えた挙句、薄着でも平気な夏の時期を選択しました。
春秋冬は、布団がなくて、風邪などになるリスクが高いため、避けることにしました。
新しく購入すれば、このような悩みもなかったとは思いますが、これはこれで楽しい思い出でもあります。
夏とはいえ、やはり畳の上にそのまま寝ることはできません。
ある程度の敷物がなければ、身体が痛くて寝続けることはできませんでした。
そのため、家中にある、ふかふかしたもので代用して、部屋の中がハチャメチャな感じで、子どもたちと遊びながら寝ました。
しかし、楽しいのは2.3日だけで、身体がだんだんと痛くなりました。